体験予約 / お問い合わせ

【GI値を知ってダイエット!】パーソナルジムBEYOND川崎店

みなさま、こんにちは🎍

2024年早くも2週間が経ちましたね💡

今年の目標を決めた方の中には「ダイエットを成功させる」「健康な体づくりをする」など自分の体に関係する目標を掲げた方も多いかと思います❗

今回はダイエットや健康な体づくりの手助けになる「GI値」についてお話しします💁‍♀️

聞いたことはあるけどよく分からない、詳しく知りたいという方はぜひ最後までご覧ください!

GI値とは?

炭水化物イメージ画像

①GI値とは?

最近見聞きすることも多くなった「GI値」とは一体なんでしょうか?

GI値とはグリセミックインデックスの略であり、食べ物を食べたときの血糖値の上昇がどのくらいかを測定して出た数値のことです💡

主に炭水化物を含んでいる食品に関係があり、消化吸収の速さがGI値に影響してきます。

GI値が低い食品は摂取後の血糖値が上昇しにくい食品とされ肥満や糖尿病のリスクを軽減すると言われています。


②血糖値とは?

血糖値とは、血液中に含まれるブドウ糖の濃度を示す指標のことです💡

ブドウ糖は、私たちの体がエネルギーを得るための主要な燃料源であり、食事から摂取された炭水化物が体内で分解されて作られます。

食事をすると、炭水化物は消化過程で単糖類に分解されて、その中で主にブドウ糖となります。

ブドウ糖は腸から吸収され、血液中に移動して体中の細胞に供給されます。この際、膵臓がインスリンと呼ばれるホルモンを分泌し、インスリンは血糖値の上昇を抑制し、細胞がブドウ糖を取り込むのをサポートします。

通常、血糖値は一定の範囲内に維持されています。食後に血糖値が上昇し、その後インスリンの働きによって下がります。これによって、エネルギー供給が安定し、体内の機能が正常に維持されます。

そのため血糖値の管理は糖尿病などの病気を予防し、健康維持に役立ちます!


③「低GI」と「低糖質」の違いは?

食品には糖質という栄養素が含まれていて、「低糖質」というのは、含まれている糖質の量が少ない食品の事を言います💡

含まれている糖質量が少ないので、血糖値はあまり上がることはありません。

逆に、「低GI」は食品に含まれている糖質量で言えば必ずしも少ないわけではありません🙅‍♂️

しかし、低GI食品は糖質を消化・吸収する際のスピードが遅い特性を持っているにため、結果的に血糖値の上昇を緩やかにしてくれます。

血糖値が急激に上昇すると、インスリンの分泌が増えてしまい体に負担がかかります。

繰り返し続いてしまうと太る原因になったり、病気のリスクもあがったりします⚠

とは言え、糖質は私たちにとって必要な栄養素ですので、極端に制限するのは良くありません❗

この「低GI」と「低糖質」の違いを理解して、普段の食生活を意識することで、糖質の摂取量や血糖値をコントロールすることができます👌

低GI食品を取り入れるメリット

玄米の画像

①血糖値の安定化

低GI食品を取り入れることで、血糖値の安定化に役立ちます!

低GI食品は血糖値の急激な上昇を防ぎ、緩やかにしてくれ、安定した血糖値を維持する役割があります。

血糖値を安定させることは、疲労感の軽減や集中力の維持にもつながります💡

反対に、高GI食品が中心の食事内容になると血糖値が急激に上がる食事を繰り返すことになるので、血管を傷つけて体に負担がかかってしまいますし、太る原因にもなってしまいます💦


②悪玉コレステロールを減らす

低GI食品には食物繊維が多く含まれていたり、酸っぱいという特徴があります。

例えば玄米やライ麦、サツマイモなどが低GI食品として挙げられますが、このような食品は悪玉コレステロールを減少させる効果もあります💡

血液中の中性脂肪や悪玉コレステロールが高い状態が続くと動脈硬化や脂質異常症等のリスクが上がってしまいます。

健康維持や疾患予防のためにも、血糖値の他にも悪玉コレステロールのコントロールにも役立つ低GI食品を取り入れることがおすすめです💁‍♀️


③ダイエット効果

低GI食品を取り入れることはダイエットのサポートにもなります💡

血糖値の急上昇が繰り返されると太る原因にもなってしまうとお伝えしましたが、大量に入ってきた糖質を全て処理しきれないので、脂肪に変わって溜め込んでしまうのです。

他にも、低GI食品は満腹感を促進し、食べ過ぎ防止やセカンドミール効果もあり、結果として食事の摂取量もコントロールできますし、ダイエットや体重管理においてダイエットを効率よくすすめることができます👍


④糖尿病の予防

低GI食品を取り入れることで糖尿病リスクを低減してくれます。

糖尿病は膵臓から放出される血糖値を下げてくれるホルモン「インスリン」の出方に支障が生じる病気です。

糖尿病は一度診断されてしまうと完治することがないので、一生付き合っていかなければなりません。

低GI食品を取り入れて血糖値の急激な上昇を防ぐことが、インスリンの正常な働きをサポートし、糖尿病の発症リスクを軽減してくるのです!

そのため、低GI食品の摂取を心掛けるようにして、血糖値をコントロールすることが大切です。

▼関連記事はこちら💁‍♀️

GI値を上げない食べ方

①低GIと高GIの食品

高GI食品と低GI食品のリスト
*引用元:https://www.drug39.co.jp/dietitian/lifeinfo/recommend/entry-1158.html

同じお米でも白米の代わりに五穀米や玄米、麺類ではうどんに比べて蕎麦やパスタは低GI食品になります💡

普段のお食事の中で簡単に変えられる食品が多いので、少しの意識から低GI食品を取り入れられるようにしましょう❗

パーソナルジムBEYOND川崎店ではお食事指導付きのコースもご用意しております💁‍♀️

トレーナーと一緒に毎日のお食事をチェックして、お客様のストレスにならないよう少しずつ食事を整えていきます🙌


②食べる順番に気を付ける

食べる順番によっても太りやすくなることを聞いたことはありますか?ベジファーストというワードを聞いたことがある方もいらっしゃると思います🥗

その名の通り「野菜から」という意味なのですが、野菜や海藻類などの食物繊維が多い料理から先に食べると良いとされています💡

次にお肉やお魚のタンパク質類、最後に炭水化物を食べることで血糖値の上昇が緩やかになります。

また、炭水化物の摂取量を抑えることもできるので、食べる順番を意識するのはおすすめです✨


③炭水化物中心にしない

簡単そうで意外と難しいのが炭水化物中心の生活を変えていくことです💡

最初にもお伝えしましたが、炭水化物(糖質)は体にとって大事な栄養素ですが、摂取しすぎは良くありません🙅‍♂️

朝食が食パンと飲み物だけになってなってしまったり、ピザやパスタ、丼ものを食べる機会が多くなっていませんか?

炭水化物中心になるとタンパク質不足など栄養が偏りがちです。また、高GI食品も多いので血糖値も急上昇してしまいます。

炭水化物に栄養が偏らないように、タンパク質や脂質、ビタミン、ミネラルなどバランスよいお食事を心がけましょう❗

まとめ

今回はGI値や低GI食品についてお話ししましたが、いかがでしたでしょうか😊?

GI値や血糖値などそれぞれのワードは見聞きしたことがある方が多いかと思いますが、それが何かが分からないという方もいらっしゃったと思います。

GI値を意識したお食事を取り入れることでダイエットはもちろん、健康維持にも役立ちます🎈

ダイエットや健康な体づくりは運動や筋トレだけでは難しいので、お食事を整えるということから体を変えていきましょう🙌

パーソナルジムBEYOND川崎店では、お食事指導付のコースもご用意しております💁‍♀️

DNA解析キットを使用して、お客様一人ひとりの向き不向きを分析することも可能ですので、その結果からトレーニングやお食事メニューの提案もさせていただけます😊

初心者のお客様にも安心して取り組んでいただけるように進めていきます!

ぜひ一度パーソナルジムBEYOND川崎店へ体験トレーニングにいらしてみてください✨

最後までご覧いただきありがとうございました!

パーソナルジムBEYOND川崎店とは?

「JR川崎駅」より徒歩3分

「京急川崎駅」より徒歩2分

知識豊富、現役コンテスト選手のトレーナー達が皆様のトレーニング、お食事を徹底指導いたします❗️

他にも、

・入会金無料

・ウェア、シューズ、タオルの無料レンタル(手ぶらで通えます!)

・シャワールーム、アメニティー完備

・完全個室でのトレーニング

・ブライダル専用トレーニングあり

・コンテスト入賞者が指導

など、パーソナルジムBEYOND川崎店ならではのおすすめポイント盛りだくさんです✨

体験トレーニングイメージムービー

ダイエットにチャレンジしてみたい!

食事指導を受けてみたい!

コンテストに出てみたい!

迷ったらまずはぜひ体験トレーニングへ😊

LINEからも簡単に無料カウンセリング、体験トレーニングのご予約が可能です!✨

ぜひお気軽にお問い合わせください!

LINE@ID:546jscvq

BEYOND川崎店公式LINEQRコード

この記事の著者

記事の著者画像

■早川梨紗

Risa Hayakawa

・9年間HIPHOPダンスをしていました

・下半身トレーニングが得意です🍑

お知らせ一覧へ戻る